読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の狭間にて

メモ・勉強・ビジネス・批評・子育てのことなどを書いています。

まじめな人ほどバカを見るのか?

毒舌批評

興味深い記事である。

残業代が0になる法案ができるのか?

 

 

 

残業代ゼロ法案は真面目な社員ほどバカを見る結果になる。 榊 裕葵 : シェアーズカフェ・オンライン

 

f:id:Massa:20140616190635j:plain

ここの記事によれば

日本と欧米の企業の雇用契約の違いなどが取りあげられている。

一般的に言われている「日本企業は定時で帰りにくい」という雰囲気もここに起因していて、まだ仕事をしている同僚がいる中で退社しようとすると、「お先に失礼します。」の前に「何か手伝うことはありませんか?」だろ!と、説教をする管理職も少なくない。

これは日本の会社のダメなところで、帰りにくいということが当たり前となっている。

それどころか、

残業代ナシで残業するのが美徳とされている。

どこの会社も同じような感じである。

 

何がいけないのか?

これは日本人の生産性の低さが顕著に出ているのではないだろうか?

何時までに仕事を終わらせて帰る。

そして家族との時間を過ごすという欧米のスタイルとは違い、

まじめなのがいいのか、悪いのかわからない。

日本では遅くまで残って仕事をする(会社に貢献する)ということが

新入社員の時に植え込まれるのだ。

 

エンドを決めるだけで生産性なんて上がるんだけど

それを出来ないのが日本人。

残業を美徳とする文化である。

 

残業代0法案が通ったとしても

残業する人は減らず過労死や鬱が増えるだけではないかと感じます。