読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の狭間にて

メモ・勉強・ビジネス・批評・子育てのことなどを書いています。

女が求めているのは男のお金でしょ?

毒舌批評

参考記事:「家事夫」と「稼ぎ夫」。どっちを取った方が幸せか

PRESIDENT Online より

 

数年前、自分の周りには「お金」目当ての女性しかいませんでした。

 

職場環境や年齢層を踏まえて考えれば

まぁそれが当たり前だったのかも知れませんが・・・

 

今はプレジデントに限らず

さまざまな情報を取り入れるように心がけています。

 

女性が読むようなコラム形サイトもリサーチのために

よく読んでいるのですが、結婚やら恋愛などのありがちなテーマで書かれているがわかります。

 

結婚記事の内容にはやはり「男の年収」というのが

当たり前のように書かれています。

 

自分もお金は非常に重要なものと考えていますし、

絶対に必要なものと思います。

 

今回のプレジデントの記事を読んでみても、

「年収500万以上」というキーワードが出てきているくらいです。

 

「家事夫」と「稼ぎ夫」をどちらを選ぶかと言うことで
自分の主観から言えば女性は絶対といっていいほど「稼ぐ夫」を
選ぶのだろうと思います。

今は当大卒の女性も専業主婦になりたいという人が増えているらしいので
きっと専業主婦になりたいから稼ぐ夫を選ぶのだろうと思っていました。
しかし、専業主婦は鬱になりやすかったり、何かを購入するにも収入がない分
夫の許可を得なくてはいけない場合があったりと大変だそうな・・・

男と生き物は死ぬまで働かなくてはいけないし、

子供が育てば必要とされなくなる存在と言われているので

本当にかわいそうだなと思ったりします。

 

男性を収入で判断する女性が減ってきていると言う情報が

あるとはいえ、結局8割は収入で判断されるわけで

本当に男の生きにくい世の中になってきていると感じます。